研究業績

学術論文

  1. Hitoshi Kono, Tsuyoshi Suzuki, Akiya Kamimura, Kohji Tomita, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita, and Hajime Asama, Automatic Convergence Estimation by Utilizing Fractal Dimensional Analysis for Reinforcement Learning, The Journal of Instrumentation, Automation and Systems, vol. 3, issue 3, pp.58-70, DOI:http://dx.doi.org/10.21535/jias.v3i3.934, 2016 (Available online in 2017).(査読有)
  2. Hitoshi Kono, Musab Obaid Alhammadi, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Distributed Cooperative Fault Diagnosis Method for Internal Components of Robot Systems, International Journal of Intelligent Systems and Applications in Robotics, vol.8, no.1, pp.1-11, Apr. 2017.(査読有)
  3. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Yasuhide Kuroda, Takashi Sugano, Yasunori Yamamoto, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Lane-Change Detection Based on Vehicle-Trajectory Prediction, IEEE Robotics and Automation Letters, vol.2, no.2, pp.1109-1116, Apr. 2017.(査読有)
  4. Hitoshi Kono, Warning System and Storing Method of Perilous environment for a Teleoperated Robot Operator, International Journal of Control Systems and Robotics, vol.2, pp.16-22, Mar. 2017.(査読有)
  5. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Yasuhide Kuroda, Takashi Sugano, Yasunori Yamamoto, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Automatic Detection Method of Lane-Changing Intentions Based on Relationship with Adjacent Vehicles Using Artificial Potential Fields, International Journal of Automotive Engineering, vol.7 no.4 pp.127-134, Nov. 2016.(査読有)
  6. 河野 仁, 村田 雄太, 神村 明哉, 富田 康治, 鈴木 剛, ヘテロジーニアスな複数台自律エージェントによる階層的転移学習, 計測自動制御学会論文集, vol.51, no.6, pp.409-420, 6月 2015.(査読有)
  7. Hitoshi Kono, Akiya Kamimura, Kohji Tomita, Yuta Murata and Tsuyoshi Suzuki, Transfer Learning Method Using Ontology for Heterogeneous Multi-agent Reinforcement Learning, International Journal of Advanced Computer Science and Application, vol.5, no.10, pp.156-164, Nov. 2014.(査読有)
  8. Tsuyoshi Suzuki, Kazuki Kato, Emi Makihara, Takafumi Kobayashi, Hitoshi Kono, Kei Sawai, Kuniaki Kawabata, Fumiaki Takemura, Naoko Isomura and Hideyuki Yamashiro, Development of Underwater Monitoring Wireless Sensor Network to Support Coral Reef Observation, International Journal of Distributed Sensor Networks, vol.2014, 2014.(査読有)
  9. Kei Sawai, Shigeaki Tanabe, Hitoshi Kono, Yuta Koike, Ryuta Kunimoto and Tsuyoshi Suzuki, Construction Strategy of Wireless Sensor Networks with Throughput Stability by Using Mobile Robot, International Journal of Advanced Computer Science and Applications, vol.5, no.2, pp.15-20, 2014.(査読有)
  10. Kei Sawai, Shigeaki Tanabe, Hitoshi Kono, Tsuyoshi Suzuki and Kuniaki Kawabata, Design and development of impact-resistant sensor node for launch deployment into closed area, Sensor Review, vol.32, no.4, pp.318-326, 2012.(査読有)
  11. 澤井 圭, 河野 仁, 鈴木 剛, 羽田 靖史, 川端 邦明, 投射配置による落下衝撃を考慮した無線センサ端末の耐衝撃機構の開発, 設計工学, vol.45, no.1, pp.13-19, Jan. 2010.(査読有)

学術書

  1. Hitoshi Kono, Yuta Murata, Akiya Kamimura, Kohji Tomita and Tsuyoshi Suzuki, Knowledge Co-creation Framework: Novel Transfer Learning Method in Heterogeneous Multi-agent Systems, Distributed Autonomous Robotic Systems, Springer Tracts in Advanced Robotics, vol.112, pp.389-403, Nov. 2016.(査読有)
  2. Tsuyoshi Suzuki, Kei Sawai, Hitoshi Kono and Shigeaki Tanabe, Sensor Network Deployment by Dropping and Throwing Sensor Nodes to Gather Information Underground Spaces in a Post-Disaster Environment, Advances in Robotics – Modeling, Control and Applications (iConcept Press), pp.303-321, Mar. 2013.(査読有)

その他論文

  1. 河野仁, 転移学習における方策再利用法の技法と比較, 東京工芸大学工学部紀要, vol.40, no.1, pp.79-84, Dec. 2017.

国際会議発表

  1. Yonghoon Ji, Hiromitsu Fujii and Hitoshi Kono, Semantic survey map building framework using semi-autonomous mobile robot in disaster area, Proceedings of The Fukushima Research Conference 2018 (FRC2018), p.20, Fukushima Japan, Oct. 30, 2018.
  2. Xiaojun Lu, Angela Faragasso, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Atsushi Yamashita, and Hajime Asama, Multi-localization Methods for Fault Diagnosis in Autonomous Mobile Robots Systems, Proceedings of The 2017 IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics (IEEE RCAR 2017), Okinawa Japan, July 14-18, 2017.(査読有)
  3. Tasuku Ito, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Recovery Motion Learning for Arm Mounted Mobile Crawler Robot in Drive System’s Failure, Proceedings of the 20th World Congress of the International Federation of Automatic Control (IFAC2017), pp. 2365-2370, Toulouse France, July 9-14, 2017.(査読有)
  4. Xiaojun Lu, Angela Faragasso, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Encoder Data and Visual Odometry for Mobile Robot Fault Detection, Workshop paper of the 2017 IEEE International Conference on Robotics and Automation (IEEE ICRA 2017) IC3 – Industry of the Future: Collaborative, Connected, Cognitive. Novel Approaches Stemming from Factory of the Future & Industry 4.0 Initiatives , Singapore, June 2, 2017.(査読有)
  5. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Yasuhide Kuroda, Takashi Sugano, Yasunori Yamamoto, Atsushi Yamashita, and Hajime Asama, Lane-Change Detection Based on Vehicle-Trajectory Prediction, IEEE Robotics and Automation Letters (RA-L) paper presented at the 2017 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA), Singapore, May 29-June 3, 2017.(査読有)
  6. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Yasuhide Kuroda, Takashi Sugano, Yasunori Yamamoto, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Lane-Changing Feature Extraction Using Multisensor Integration, Proceedings of the 16th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS2016), pp. 1633-1636, Gyeongju Korea, October 16-19, 2016.(査読有)
  7. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita, Hajime Asama, Yasuhide Kuroda, Takashi Sugano and Yasunori Yamamoto, Dynamic Potential-Model-Based Feature for Lane Change Prediction, Proceedings of the 2016 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2016), pp.838-843, Budapest Hungary, October 9-12, 2016.(査読有)
  8. Wenzheng Chi, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita, Hajime Asama, and Max Q.-H. Meng, A Human-friendly Robot Navigation Algorithm Using the Risk-RRT Approach, Proceedings of the 2016 IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics (RCAR2016), pp.227-232, AngkorWat Cambodia, June 6-9, 2016.(査読有)(Best Student Paper Award)
  9. Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Distributed Cooperative Fault Diagnosis for Internal Electrical Components of Robot System, Proceedings of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.235-236, Tokyo Japan, December 5-8, 2015.(査読有)
  10. Ren Komatsu, Hiromitsu Fujii, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Bird’s-eye View Image Generation with Camera Malfunction in Irradiation Environment, Proceedings of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp. 177-178, Tokyo Japan, December 5-8, 2015.(査読有)
  11. Hanwool Woo, Yonghoon Ji, Hitoshi Kono, Yusuke Tamura, Atsushi Yamashita and Hajime Asama, Detection Method of Lane Change Intentions in Other Drivers Using Hidden Markov Models, Proceedings of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.253-254, Tokyo Japan, December 5-8, 2015. (査読有)
  12. Hitoshi Kono, Yuta Murata, Akiya Kamimura, Kohji Tomita and Tsuyoshi Suzuki, Knowledge Co-creation Framework: Novel Transfer Learning method in Heterogeneous Multi-agent Systems”, Proceedings of The International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems (DARS2014), pp.465-478, Daejeon Korea, November 2-5, 2014.(査読有)
  13. Hitoshi Kono, Kei Sawai and Tsuyoshi Suzuki, Convergence Estimation Utilizing Fractal Dimensional Analysis for Reinforcement Learning, Proceedings of The SICE Annual Conference 2013, pp.2752-2757, Nagoya Japan, September 14-17, 2013.(査読有)
  14. Kei Sawai, Tsuyoshi Suzuki, Hitoshi Kono, Yasushi Hada, Kuniaki Kawabata, Development of a Sensor Node with Impact-Resistance Capability to Gather the Disaster Area Information, Proceedings of The 2008 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA’08), pp.17-20, Budapest Hungary, September 7-10, 2008.(査読有)
  15. Kei Sawai, Hitoshi Kono, Tsuyoshi Suzuki, Yasushi Hada, Kuniaki Kawabata, Development of a Sensor Node with Impact Resistance Capability for Gathering Disaster Area Information, Proceedings of The 5th International Conference on Networked Sensing Systems (INSS2008), p259, Kanazawa Japan, June 17-19, 2008.(査読有)

国内学会発表(○は発表者)

  1. 河野仁, 三浦昇三, 温文, 鈴木剛, “強化学習における方策転移度合い決定のための転移曲面の検討”, 第24回画像センシングシンポジウム(SSII2018), IS2-28, 神奈川県横浜市, 6月13-15日, 2018.(査読有)
  2. ○高桑優作, 河野仁, 温文, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “活性化拡散モデルに基づく強化学習エージェントの転移学習手法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018), 1A1-C14(CD-ROM), 福岡県北九州市, 6月2-5日, 2018.
  3. 河野仁, ○森朋久, 鈴木剛, “災害対応ロボット遠隔操作のための操作に注意が必要な環境の検出”, 第18回システムインテグレーション部門講演会(SI2017), pp.1038-1039, 宮城県仙台市, 12月20-22日, 2017.
  4. 河野仁, ○三浦昇三, 温文, 鈴木剛, “強化学習における方策再利用評価のための転移曲面の検討”, 第18 回システムインテグレーション部門講演会(SI2017), pp.1051-1052, 宮城県仙台市, 12月20-22日, 2017.
  5. ○高桑優作, 河野仁, 温文, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “活性化拡散モデルに基づく強学習エージェントの方策選択手法”, 第18 回システムインテグレーション部門講演会(SI2017), pp.3201-3204, 宮城県仙台市, 12月20-22日, 2017.
  6. 河野仁, 伊藤祐希, 郡司拓朗, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “強化学習の方策再利用時におけるステップ単位の方策忘却手法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017(ROBOMECH2017), 2P1-F06(CD-ROM), 福島県郡山市, 6月10-13日, 2017.
  7. ○高桑優作, 河野仁, 温文, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “活性化拡散モデルに基づく強化学習エージェントの方策選択手法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017(ROBOMECH2017), 2P2-E04(CD-ROM), 福島県郡山市, 6月10-13日, 2017.
  8. ○禹ハンウル, 池勇勳, 河野仁, 田村雄介, 黒田康秀, 菅野崇, 山本康典, 山下淳, 淺間一, “車両挙動分析による先行車追従における運転者の運転行動推定”, 自動車技術会2017年春季大会学術講演会, pp.1351-1356, 神奈川県横浜市, 5月24-26日, 2017.(査読有)
  9. ○伊藤翼, 河野仁, 田村雄介, 山下淳, 淺間一, “アーム搭載移動ロボットの駆動系故障時のための強化学習を用いたリカバリモーション獲得”, 第22回ロボティクスシンポジア, pp.91-96, 群馬県安中市, 3月15-16日, 2017.(査読有)
  10. ○禹ハンウル, 池勇勳, 河野仁, 田村雄介, 黒田康秀, 菅野崇, 山本康典, 山下淳, 淺間一, “車線変更推定法および人工ポテンシャル法を用いた他車の走行軌道予測”, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016), pp.446-451, 北海道札幌市, 12月15-17日, 2016.(優秀講演賞 受賞)
  11. 河野仁, 田村 雄介, 山下 淳, 神村 明哉, 富田 康治, 鈴木 剛, 淺間 一, “ロボット遠隔操作のためのポテンシャル法を用いた注意環境の記録と提示手法”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016), 1P1-15A6(CD-ROM), 神奈川県横浜市, 6月8-11日, 2016.
  12. ○禹ハンウル, 池 勇勳, 河野仁, 田村 雄介, 山下 淳, 淺間 一, 菅野 崇, 黒田 康秀, “人工ポテンシャル法による周辺車両との関係性を考慮した車線変更推定”, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会, pp.1397-1402, 神奈川県横浜市, 5月25-27日, 2016.(査読有)
  13. ○田中佑典, 池勇勳, 河野仁, 田村雄介, 江本周平, 板野肇, 村上弘記, 山下淳, 淺間一, “複数台移動ロボットによる環境計測結果に基づいた 不整地走行のための移動ロボットの進路方向決定手法の構築”, 第21回ロボティクスシンポジア, pp.250-255, 長崎県長崎市, 3月17-18日, 2016.(査読有)
  14. ○禹ハンウル, 池勇勳, 河野仁, 田村雄介, 山下淳, 淺間一, “状態単位の隠れマルコフモデルを用いた他車の車線変更推定手法”, 第21回ロボティクスシンポジア, pp.222-227, 長崎県長崎市, 3月17-18日, 2016.(査読有)
  15. 河野仁, 田村雄介, 山下淳, 淺間一, “ロボットシステム内電装系のため分散協調型故障診断システム” 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション講演会(SI2015), pp.2195-2198, 愛知県名古屋市, 12月14-16日, 2015.(優秀講演賞 受賞)
  16. ○村田雄太, 河野仁, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “クラウドを活用した強化学習エージェントの獲得知識統合手法の検討”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション講演会(SI2015), pp. 2168-2171, 愛知県名古屋市, 12月14-16日, 2015.
  17. ○田代淳史, 河野仁, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “ヘテロジーニアスなエージェント間での転移学習のための知識再利用法の効果”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション講演会(SI2015), pp. 2172-2175, 愛知県名古屋市, 12月14-16日, 2015.
  18. 河野仁,田村雄介,山下淳,淺間一, “ロボットシステム内電装系コンポーネントのための自律分散型故障診断手法”, 第33回日本ロボット学会学術講演会予稿集(RSJ2015), CD-ROM AC3H2-04, 東京都足立区, 9月3-5日, 2015.
  19. 河野仁,村田雄太,神村明哉,富田康治,鈴木剛, “強化学習ロボットにおけるフラクタル次元解析を用いた学習曲線の収束推定法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015), 2A1-M09(CD-ROM), 京都府京都市, 5月17-19日, 2015.
  20. ○齋藤敬,河野仁,鈴木剛, “深度カメラを用いた顧客動線情報収集手法の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015), 1A1-H01(CD-ROM), 京都府京都市, 5月17-19日, 2015.
  21. ○村田雄太,河野仁,神村明哉,富田康治,鈴木剛, “強化学習におけるクラウドの活用を前提とした知識統合手法の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015), 2A1-L05(CD-ROM), 京都府京都市, 5月17-19日, 2015.
  22. ○田代淳史,河野仁,神村明哉,富田康治,鈴木剛,”ヘテロジーニアス間転移学習のための知識再利用法の検討”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015), 2A1-L06(CD-ROM), 京都府京都市, 5月17-19日, 2015.
  23. 河野仁, 田代淳史, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “ヘテロジーニアスなエージェントを用いた転移学習のための転移率の効果”, 第20 回ロボティクスシンポジア, pp. 362-367, 長野県北佐久郡, 3月15-16日, 2015.(査読有)
  24. 河野仁, ○村田雄太, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “クラウドを活用した強化学習エージェントの獲得知識統合手法の検討”, 第15 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014), pp.2460-2463, 東京都江東区, 12月15-17日, 2014.(優秀講演賞 受賞)
  25. ○田代淳史, 河野仁, 鈴木剛, “ヘテロジーニアスなマルチロボット転移学習における転移率の検討”, 第30 回ファジィシステムシンポジウム(FSS2014), pp.620-623, 高知県高知市, 9月1-3日, 2014.
  26. 河野仁, 村田雄太, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “知識の抽象化と階層化による複数台自律エージェントの階層的転移学習とその効果”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(ROBOMECH2014), 1A1-L02(CD-ROM), 富山県富山市, 5月25-29日, 2014.
  27. ○村田雄太, 河野仁, 神村明哉, 富田康治, 鈴木剛, “フラクタル次元解析を用いた強化学習の収束推定法の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(ROBOMECH2014), 1A1-K05(CD-ROM), 富山県富山市, 5月25-29日, 2014.
  28. ○齋藤敬, 河野仁, 鈴木剛, “モーションキャプチャを用いた顧客動線情報収集手法の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014(ROBOMECH2014), 3P1-X02(CD-ROM), 富山県富山市, 5月25-29日, 2014.
  29. 河野仁, 澤井圭, 鈴木剛, “知識の抽象化と階層化による自律ロボットの階層的転移学習”, 第19 回ロボティクスシンポジア, pp.479-484, 兵庫県神戸市, 3月13-14日, 2014. (査読有)
  30. 河野仁, 鈴木剛, “強化学習におけるフラクタル次元解析を用いた学習収束推定法の検討”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013(ROBOMEC2013), 1A2-M02(CD-ROM), 茨城県つくば市, 5月22-25日, 2013.
  31. ○金子智大, 河野仁, 鈴木剛, “ロボカップサッカーにおける強化学習を用いたポジションの推定”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013(ROBOMEC2013), 1P1-A08(CD-ROM), 茨城県つくば市, 5月22-25日, 2013.
  32. ○篠宮佑太, 河野仁, 金子智大, 鈴木剛, “ロボカップサッカーにおける妨害行動を考慮したパスシステムの開発”, 第28 回ファジィシステムシンポジウム(FSS2012), pp.1139-1142, 愛知県名古屋市, 9月12-14日, 2012.
  33. 河野仁, 熊倉靖裕, 篠宮佑太, 鈴木剛, “ロボカップサッカーにおける数的不利時のマルチロボット協調ディフェンスシステム -ディレイシステムの開発-”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 2A2-Q08(CD-ROM), 静岡県浜松市, 5月27-29日, 2012.
  34. ○柴田龍一, 河野仁, 鈴木剛, “高次局所自己相関関数を用いた画像評価による自己位置認識の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012), 2A2-Q07(CD-ROM), 静岡県浜松市, 5月27-29日, 2012.
  35. ○篠宮佑太, 鈴木剛, 河野仁, “ロボカップサッカーにおけるトラップ機構の開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2011(ROBOMEC2011), 2A2-F07(CD-ROM), 岡山県岡山市, 5月26-28日, 2011.
  36. 河野仁, 澤井圭, ○鈴木剛, “移動ロボットによる無線情報収集端末投射配置を実現する投射機構の開発と実装”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010), 1A2-C10(CD-ROM), 北海道旭川市, 6月13-16日, 2010.
  37. 角田康, 河野仁, 犬塚裕貴, 塚本正士, ○鈴木剛, “ロボカップサッカーにおける協調的パスプレイを考慮したパサー動作のモデル化”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010), 1P1-F27(CD-ROM), 北海道旭川市, 6月13-16日, 2010.
  38. ○塚本正士, 角田康, 河野仁, 鈴木剛, “ロボカップサッカーにおける協調的な相手プレイヤの位置推定”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010), 1P1-F28(CD-ROM), 北海道旭川市, 6月13-16日, 2010.
  39. ○犬塚裕貴, 河野仁, 角田康, 鈴木剛, “ぼかし画像を用いたボール認識手法の提案”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010), 1P1-F29(CD-ROM), 北海道旭川市, 6月13-16日, 2010.
  40. ○澤井圭, 君塚祐司, 山下也, 河野仁, 鈴木剛, “耐衝撃機構を備えた無線センサノードの無線通信特性の評価”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009(ROBOMEC2009), 1A2-H07(CD-ROM), 福岡県福岡市, 5月24-26日, 2009.
  41. ○澤井圭, 河野仁, 鈴木剛, 羽田靖史, 川端邦明, “投射配置による落下衝撃を考慮した耐衝撃機構を備えた無線センサノードの開発”, 第14 回ロボティクスシンポジア, pp.459-464, 北海道登別市, 3 月16-17日, 2009.(査読有)
  42. ○澤井圭, 河野仁, 鈴木剛, 羽田靖史, 川端邦明, “投射配置による落下衝撃を考慮した耐衝撃機構を備えたセンサノードの開発”, 第9 回システムインテグレーション部門講演会(SI2008), pp.21-22, 岐阜県岐阜市, 12 月5-7日, 2008.
  43. 河野仁, 澤井圭, 川端邦明, 羽田靖史, 鈴木剛, “耐衝撃性を考慮した被災地情報収集センサノードの開発”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008), 2P1-A10(CD-ROM), 長野県長野市, 6月5-7日,2008.
  44. ○澤井圭, 河野仁, 川端邦明, 羽田靖史, 鈴木剛, “レーザポインタの直線性を考慮したセンサノードの位置推定”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008), 1A1-F15(CD-ROM), 長野県長野市, 6月5-7日, 2008.
  45. 河野仁, 澤井圭, 川端邦明, 羽田靖史, 鈴木剛, “耐衝撃性を考慮した被災地情報収集センサノードの開発”, 平成19 年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会, p.26, 東京都千代田区,3 月,2008.

 

その他発表

  1. 〇床鍋繁志,河野仁 , 小型かつ安価な実験用遠隔操作レスキューロボットの開発,第2回教育・コミュニケーションロボット研究開発シンポジウム, 神奈川県厚木市,2月24日,2018.

講演

  1. アーバン・コーポレーション株式会社にて講演,講演タイトル:知能ロボット技術の古典的未解決問題と社会実装事例,2017年9月13日
  2. 東京電機大学大学院講義「ネットワークロボティクス」にて招待講演, 2017年7月14日
  3. 日本マクロエンジニアリング学会 経済工学研究会 招待講演, 2016年12月14日
  4. 東京電機大学大学院講義「ネットワークロボティクス」での招待講演, 2015年7月3日